カテゴリー
コーデ方法

40代からメンズカジュアル入門

40代以降はカジュアルコーデ次第で若く見られることもあれば一気に老けてしまう可能性があります。

清潔感あってちょっとお洒落な大人のカジュアルコーデとは?

世界一受けたい授業で特集されていたコーデポイントを参考にポイントをまとめてみました。


スポンサードリンク

1.カジュアル比率は30%

大人の男性がカジュアルコーデをする場合、カジュアル比率は30%程度に配分すると間違いありません。

オフィスカジュアルシーンはもちろんコンサートや食事など、プライベートシーンでもカジュアル30%の比率を守れば清潔感あるコーデに仕上がります。

2.白・黒・グレー

どんな色を選べば良いのか悩む人には白・黒・グレーの3色がおススメ!白・黒・グレー3色だけで構成されたコーデなら落ち着いた大人コーデに仕上がります。

3.「A・Y・I」スタイル

「A」「Y」「I」の3つのスタイルを意識してコーデすると失敗がありません。

ちなみに「A」スタイルとはトップスを抑えめにボトムスにボリュー感を持たせたスタイル。「Y」スタイルとはトップスにボリューム感、ボトムスを抑えめにしたスタイル。そして「I」スタイルとはトップス、ボトムス共にスリムに抑えたスタイルです。

ちなみにトップス、ボトムス共にボリュームを持たせるスタイルもあるのですがハッキリ言って上級編!一般的には避けておいた方が無難です。

4.首元にショール

顔サイズが大きい日本人の場合、首元にショールを巻くことで小顔効果を作り出すことが出来ます。

首元を囲うようにフワリとショールを巻いた後、あご一部が隠れるようにすることがポイント。

ボリューム感あるショールに目が行くことでボリューム感ある顔から視線を外すことが出来ます。

これは女性のコーデでも同じです。

まとめ

オフィスでもカジュアルが当たり前になった昨今、スーツさえ着れば良かった時代に比べて男性もコーデスキルが必要とされるようになりましたね!

記事で紹介した4つのポイントを押さえつつ自分なりにカジュアルコーデを楽しみましょう♪


参考にしたメディア等:世界一受けたい授業