「スカート見えワンピ」組み合わせ6スタイル

1枚あればフェミニンな装いに早変わりできる大人のマストアイテム、ワンピースですがキマリ過ぎて意外に使える機会が少ないもの。

そんな時に便利なのがワンピにトップスを重ねるコーデ。

トップスをプラスすることで抜け感プラス!ワンピのお洒落なテイストを残すちょっと差がつくコーデに仕上がります。


スポンサードリンク

スカート見えワンピとは?

TBSコーデバトル登場モデルさん曰く「ワンピースにトップスを重ねるスタイルが旬」なのだとか。

名付けて「まるでスカート見えワンピ」。

雑誌CLASSYで紹介していました!全6パターン、相性が良いコーデ法則を覚えてしまえばこっちのモノ、今どきコーデが完成します。

Style1.柄ワンピ×ざっくりニット

雑誌CLASSYでは花柄ワンピとざっくりニットを組み合わせを紹介していました。

他方TBSコーデバトルでも今どきコーデとして格子柄ワンピとざっくりニットの組み合わせが登場していました。

春まで着ることが出来ないと思っていた花柄ワンピもニットと合わせることで冬コーデにも取り入れることが可能になります。

長袖ワンピならニット袖からワンピの柄をチラ見せしても素敵です。

試してみた♪

基本のワンピ(写真左側)は花柄、しかもレース仕様なのではっきり言って結婚式二次会用。

しかも主役級(笑)なので超お気に入りなのに全くと言って良いほど着る機会がありませんでした。

写真右:パーカーと合わせてみました。

カジュアルダウンしつつも品あるコーデにするべく同色系でまとめてみました。

冬に着ることを考えてカシミヤジャケットやダウンコートを重ねて合わせてみました。

この程度であれば冬のちょっとしたお出かけに活躍できそうです。

Style2.レースワンピ×スウェット

単体だとキメ過ぎ感あってなかなか着る機会がなりレースワンピもスウェットでカジュアルダウンすればちょっとお洒落な雰囲気漂うコーデに早変わり。

辛めカラーなら脱ほっこりなコーデに仕上がります。

前出の花柄ワンピレース仕様に同色系ゆるめスエットをレイヤードしています。

合わせたスエット、実はヨガ用。

かなり個性的なカタチをしていますがレイヤードアイテムとしては大活躍、この後、紹介するコーデでも登場します。

Style3.カットソーワンピ×タートルネックスウェット

カジュアルになりがちなカットソーワンピを外出着にグレードアップさせるためにはクセがある今どきトップスと合わせると吉。

試してみた その1♪

カットソーワンピにレイヤードさせたい王道「タートルネックスエット」が我が家には残念ながら存在しないためニット、ゆるシャツ、はたまたワイドカットソーなど片っ端から合わせてみました(笑)。

試してみた その2♪

スエットではありませんがタートルネックのニットならあったため早速合わせてみました。

写真、暗くてつぶれてしまっていますが(汗)タートルネックとはやはり相性が良い模様。

試してみた その3♪

タートルネックのインナーをインしてカットソーワンピをレイヤード、更にその上からニットを重ねてみました。

小春日和でも冬に夏物ワンピを着るならこれ位は重ねても良い感じです。

番外編~相性が悪い組み合わせ

参考までカットソーワンピに相性が悪いトップス例としてコンサバ系ですね。

カチッとした上着と合わせてみたところ友人曰く「昔着ていた上着感まるだしだよ」と手痛いコメントでした。

Style4.ティアードワンピ×フーディ

ふんわり揺れるシルエットが女性らしいティアードワンピにはクリーンな白フーディを重ねて。

リラックス感あるフェミニンカジュアルが完成します。

試してみた♪

基本のワンピです。パーティー用で胸元には派手にスパンコールまでw

普段使いとしては決して使う事が出来なかったためタンスに長い間眠っていました。

同色系のゆるトップスをレイヤードした例です。

レイヤードしたトップスがテロ素材のためカジュアルダウンはしていませんがスパンコールが隠れた分、銀座へ買い物程度であれば丁度良いかと。

紫一色だとアクが強すぎるので白や黒のアイテムを合わせて調整すると良い感じにまとまりそうです。

Style5.テロ素材ワンピ×ロングニット

カジュアルなニットを重ねても上質なテロ素材ワンピが覗くことで上品なコーデに仕上がります。

試してみた♪

前出パーティー用ワンピの上からヨガ用に購入したロングトップスを合わせてみました。

写真:テラ素材をカジュアルダウンすべくスエット素材アウターやチュニックと合わせてみました。

Style6.クラシック柄ワンピ×キレイ色ニット

クラッシック柄ワンピとキレイ色ニットで華やかフェミニンコーデに仕上がります。

重ねるトップスは短めにコンパクトに見せるのがコツ。

雑誌CLASSYではクラシカルなワンピ代表、ドットプリントワンピと鮮やかなニットと合わせていました。

試してみた♪その1

クラシカルもクラシカル、まるで着物をリメークしたような和柄ちりめん風のワンピの上からニットをレイヤードしてみました。

写真下段では首元に足すスカーフの色によってイメージがどの程度変わるか比較してみました。

同色系のスカーフをプラスしたコーデ(左)よりも、ベースカラーとなる紫とはほぼ反対色となるるオレンジ系スカーフを加えたコーデ(右)の方がはるかに好印象に仕上がったかと。

ワンピ和柄の一部にオレンジ色があるため実は色がリンクしていることも要因ですがクラシカル柄にはキレイ目カラーが合うようようです。

試してみた♪その2

写真左:総ストライプでまるでオフィスで着るようなカチカチワンピも会社を辞めてしまった現在、使う機会がなく眠っていたワンピのひとつでした。

写真右:ネイビーとはほぼ反対色となるワインカラーのスエットを重ねて、アクセントにネイビー&ワインカラーの古典柄スカーフを加えてみました。

細めのベルトでアクセントを付けた方が締まるかな・・・スカート見えワンピとしては合格です。

番外編:スカートもレイヤードスタイルが旬

雑誌CLASSY特集「スカートの季節がやってくる」によると手持ちのスカートを今どきにアップデートするならやはりレイヤード。

スカートにレギンスやデニムを重ねて、はたまたワンピ―にトップスを重ねて、取り合わせ次第で新しいスタイルを作りだすことが出来るそうです。

スカート単体はもちろん、前出スカート見えワンピと合わせてコーデに取り入れることも出来ますね♪

レイヤードしたいスカート&ボトムス

●レギンス※1
●チュールスカート※2
●プリーツスカート
●切りっぱなしデニム

※レギンス

私しかり大人は兎角やりがち(苦笑)スカートに合わせるレギンスに無難な定番「黒」は避けましょう。

ブラウンや淡いベージュを選べば今なおトレンド、カフェモカコーデのニュアンスが出るなど、今どきコーデに仕上がります。

※チュールスカート

ハンサムカラーのレギンスとレイヤードすると全体コーデが締まるとのこと。

流行りに乗じて購入も華やか過ぎて殆ど使うことなくタンスに眠る我が家のチュールスカート(苦笑)。

直ぐにでも試してみたいコーデとなりました。


参考にした雑誌メディア等:CLASSY(クラッシィ)2020年2月号特集