1枚で着るよりお洒落!ワンピ×ボトムス・コーデ5例

CLASSY、エクラなど数多くの雑誌で推しているスタイルと言えば「ワンピ×ボトムス」のレイヤード。

1枚で着るより断然オシャレに見えるから不思議です。

今やトレンド!ワンピ×ボトムスによるレイヤード、大人コーデ5例を紹介します。


スポンサードリンク

ワンピ×ボトムスだと断然オシャレになる理由

雑誌「エクラ」 によると大人が目指したいワンピピース・コーデは”上品な軽やかさ”なのだとか。

きちんと感、キレイ目だけが先行するワンピースにあって敢えて改まり過ぎず、少し隙のある空気感を出すための答えがワンピにボトムスを合わせること。

組み合わせ次第で変幻自在、大人仕様にカジュアルダウンさせることができるようになりました。

更に「ワンピ×ボトムス」の組み合わせはワードローブ活用と言う意味でも大いに貢献しています。

1枚だと可愛すぎたり、或いは華やか過ぎてなかなか着る事ができないワンピを普段使い&自然体に着ることができます。

ex1.単色ロングワンピ×淡色レギンス

何はともあれ取り入れたい組み合わせ「ワンピ×レギンス」です。

ワンピとレギンスを同じトーン、或いは同じ素材に合わせることでちょっと差がつくスタイリングが完成します。

トレンドのデザイン&カラーは?

雑誌CLASSYによるとトレンドはヴェールカラーのグリーンやパープル、柔らかなベージュなどのワンピースに白やグレージュのレギンスを組み合わせること。

配色に気を配るだけで同じようなレイヤードでも今どきコーデに仕上がります。

個人的に最も好きな組み合わせは「ベージュ×ホワイト」。ハッとするほど大人っぽく見える取り合わせだと思います。

ロングワンピはサイドスリット入りがおススメ!

動きやすいもさることながらレイヤードすることで殆ど隠れてしまうレギンスですが裾からチラっと覗く様で女らしさを演出できます。

ex2.ロングワンピ×ジャージパンツ

写真:ワンピ:サーマルパーカワンピース/パンツ:<FILA>ライン&ロゴデザインテーパードジャージーパンツ/靴:4E厚底ニュートレンドスニーカー(何れもベルーナ・ラナン販売)

ラナン2019春夏展示会にて「ジャージパンツを上手くコーデに取り入れることができないことが悩みの種」と相談、教えて貰ったコーデです。

ともすると「まるで運動会ウエア」になりがちのジャージパンツもワンピースと合わせることでバランスよく普段使いにシフトします。

なお合わせる靴はスニーカーがおススメとのこと。ジャージパンツと同色系にすることで統一感が出ます。

ex3.キレイ目ワンピ×カットオフデニムパンツ

前出「キレイ目ワンピ×ジャージパンツ」応用編です。

華やかなピンク、或いは総チェック柄など1枚で存在感があるワンピに対照的ともいえるカジュアルアイテム、カットオフデニムを合わせたスタイルです。

キレイ目ワンピはレギンスと合わせるだけでもカジュアルダウン可能ですがカットオフされたデニムパンツを合わせることで更にこなれた雰囲気を作り出すことが出来ます。

ex4.ロングワンピ×ワイドパンツ

トレンド感あるスタイルを作りたいならコレ!

レイヤードするパンツと言えばレギンスに代表される「細身」イメージのところ敢えてワイドパンツを合わせることでゆったり感、今どきスタイルを演出することが出来ます。

写真:ワンピ:綿混バルーンワンピース(ラナン@ベルーナ販売)/その他:不明

写真モデルはベルーナ女性スタッフさん。

雑誌「HERS」曰くワンピース×ワイドパンツのコツは同素材の同カラーを合わせると良いとのこと。

まるで雑誌から飛び出たようなスタイルに私しかり「オシャレ~♪」「このまま取り入れたい」など多くの展示会参加者から絶賛を浴びていました。

ex5.前開きワンピ×プリーツスカート

前開きワンピよりプリーツスカートを覗かせるスタイルです。

スカート一部にプリーツ素材を使ったワンピも登場していますが前開きワンピ×プリーツスカートの組み合わせなら自由度も高く、コーデ幅が広がります。

参考

記事で一部紹介中!ラナンショップ@ベルーナ展示会で見つけた今どきワンピを別記事にて紹介します。