フォーマルウェアを使った着回しコーデ例

NHK放送「人気スタイリストに聞くフォーマルウェアの着回し術」を参考にフォーマルウェアを敢えて普段使い!ちょっと差がつく大人のカジュアルミックスコーデを紹介します。


スポンサードリンク

フォーマルウェアは着回した方が良い理由

着られなくなったら勿体ない!

私しかりフォーマルウェアと言えば冠婚葬祭以外はタンスの中で寝かせている人も多いのでは?

高額を叩いて購入したフォーマルウェアだから大切に使いたい気持ちはあるも実際に着てみようと思ったらサイズが合わない、或いはデザインが古過ぎて着ることができないなんてことになったらそれこそ本当に勿体ないことです。

多様化するフォーマルシーン

  • 水族館を貸し切ってパーティーをしたい。
  • 2000mを超える高山で結婚式をしたい。
  • 故人がラグビー好きだったのでラグビー場で葬式をしたい。
  • 社交ダンスが好きだったので社交ダンスで葬式をしたい。

最近では様々な場所でのイベントも増えてきました。

無理して背伸びするより「自分らしい」「皆と何をしたいか」と考える人が増えてきていることが背景にあるのだとか。

当然ながらフォーマルコーデも多様化。

「お子さんの門出を祝うに相応しい恰好でお越しください」なんて言われるものだから「どんな服を着れば良いのか分からない」など余計に迷う(苦笑)。

イザと言う時に「肝心要フォーマルウェアをサイズが小さくて着れない」なんてことがないことは当然ながら「着こなすことが出来ない」「どんな服を着れば良いのか分からない」ということがないように日頃から上手にフォーマルウェアを使いまわす、慣れておくこと賢い選択です。

フォーマルウェアを使った着回しコーデ例

NHKに登場していたスタイリスト指南によるフォーマルウェアを使ったカジュアルミックスコーデ3例を紹介します。

1.ワンピース+白レースブラウス

フォーマル用に購入したワンピースの上からトレンド感ある白地レースのブラウスを重ね着します。

カジュアルミックスコーデですが上質なフォーマルワンピと合わせることからカジュアルダウンさせないことが大切。

トレンド続く厚底靴と合わせれば脚長効果、コーデがブラッシュアップされます。

写真:自宅にあったワンピースのフォーマルウェアと落ち感あるカットソーと合わせてみました。

重ねることで大切なフォーマルウェアの汚れ防止にもなるところが良いかも。積極的にフォーマルウェアの着回しをすることが出来そうです。

2.ワンピース+プリーツスカート

フォーマル用ワンピースの上からスカートを重ねます。

フォーマルウェアと合わせるスカートについて、NHK番組内では辛子色のプリーツスカートを重ね着していたのですがフォーマルウェアの黒色と相性が良いカラー、素材であればどんな色でも良いかと。

写真は自宅にあるスカート(左:ニットスカート、右:クリーム色のシフォンスカート)と合わせてみた様子です。

下にワンピースを着ているためシースルー生地のスカートでも透けることなく安心。

ワンピースの上から重ねることでウエストラインからトップスがはみ出る心配もなくなってスッキリと着こなすことが出来そうです♪

3.ノーカラージャケット+パーカー

フォーマル用ノーカラージャケットの下にパーカーを羽織ります。

パーカーを合わせることで縦のラインを作ることが出来て細見えさせることができます。

大人コーデに用いるパーカーは上下両方からファスナーを開閉できるタイプがおススメ。

下側ファスナーをおへその下あたりまで開けておくことでウエストラインをすっきり着こなすことが出来ます。

写真は自宅にあったフォーマルウェアのひとつ、ドレーブ付きノーカラージャケットとパーカーを合わせた様子です。

フォーマルウェア単体では着ることができなかったタンスの肥やしと化していたアイテムがパーカーを合わせることで見事、復活!素敵なコーデになって満足しました。

まとめ

週末のお出かけは早速、フォーマルウェア着回しコーデで出かけることにしました。

シルク製ノーカラージャケットならではカジュアルの中にも上質感ある装いを作ることができました♪


参考にしたメディア等:2019年3月2日放送 NHKおはよう日本くらしりで特集「人気スタイリストに聞くフォーマルウェアの着回し術」