【レビュー】IDIETスライバーニットの進化形Pコートは肩凝りさんにおススメです。

とにかく軽くて暖かい♪

どんな服にも合わせやすいPコート唯一の欠点というべき「重さ」を感じさせない軽快な着心地が魅力のアイテムを見つけました!

スライバーニットの進化形Pコート(フェリシモIDIET販売)はコートを着ると肩が凝って仕方がない人におススメです。

check!! IDIET最新コート&冬アイテムはフェリシモ公式オンラインストアにて購入することができます。→コート&冬アイテム全商品

スポンサードリンク

スライバーニットの進化形Pコートとは?

「スライバーニットの進化形Pコート」とはフェリシモIDIET(イディット)より2018-’19最新コートとして販売(予約)解禁された「正式名:ウールがたっぷり入って軽くて暖か スライバーニット素材のこだわりPコート」のことです。

身生地に空気をたくさん含むことで軽くて暖かいスライバー素材を使うことで軽く暖かなPコートを実現しています。

ボトムスを選ばないミドル丈。

正統派コートにして地味に終わらせないデザインの妙が光ります。

1.すっきり細見え

Pコート着用の様子前

大きめに取られた衿(ここまではよくある話、想定内)に加えて縦に切り替えラインを入れることで重くなりがちなミドル丈コートをスッキリ細身に見せてくれます。

Pコート・前

写真:「 スライバーニットの進化形Pコート」を近くで見ると指差ししている場所に切替ラインが入っていることが分かります。

Pコート後ろ

小顔効果を狙って大きく取られた衿と言っても後ろ姿はすっきりと着ることが出来てきます。

Pコート・袖

大きめにボタンもメリハリをつけてくれるパーツのひとつ!

近くで見ると錨(いかり)の模様付きでした。

2.軽い!

見た目以上に大きな魅力は軽さ。

実際に羽織ってまずまず感じたことは「これなら肩凝りすることもないだろうなあ・・」という事。

コートをストレスなく着ることが如何に心地よいことなのかを実感しました。

フェリシモIDIET製作側によると一般的なPコートに比べて約半分程度の重量感を目指した模様※。

※フェリシモ公式オンラインショップでは実際にPコートの重さを比較していました。

3.細部に手抜きなし!

Pコート・裏地

立ち振る舞い同様、思わず目が行く場所と言えばコート内側です(と思うのは私だけかな?笑)。

「コート内側にこそ品格が出る」ではありませんが普段、人目に晒されない場所こそ手抜きがない人=大人だと思うのです。

という訳で裏側もしっかりチェック!

同色系(グレー)チェック柄の裏地がついていて程よい存在感、丁寧な縫製で安心しました。

感想まとめ

Pコート着用の様子 横&後ろ

王道Pコートは通勤やちょっとしたお出かけに1枚あるとやっぱり便利な一枚ですね。

軽くて暖か スライバーニット素材の登場で定番Pコートは使い勝手の上でもぐっと身近になった気がします。

スライバーニットの進化形Pコートを購入するには?

記事で紹介した「スライバーニットの進化形Pコート」はフェリシモ公式オンラインストアで詳細確認、購入(予約)することができます。

商品仕様(抜粋)

重さ 約800g
素材 スライバー素材
(毛:74%・ポリエステル:26%)
カラー ネイビー