クロックス・カラーライト素材ブーツが快適&お洒落です♪

クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン
クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン

レザーのような上質感と軽い履き心地が魅力!

クロックスより販売中のカラーライト素材のブーツ「クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン」をモニターとして履いてみることになりました。

フワフワのライナーつきなので寒くなる季節に重宝しそうです♪


スポンサードリンク

配達時の様子

クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン
クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン

クロックスより自宅に届いたばかりの「カラーライト ミッドブーツ ウィメン」です。

クロックスのロゴ「ワニ(クロコダイル)」マークがついた包装紙が何気に可愛い。

クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン
クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン

ブーツ内部を見ると輸送時に型くずれすることがないようにダンボールが入っていました。

別途わざわざブーツホルダーを買わなくてもこのまま使えそうなのでダンボール筒はとっておくことにしました。

クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン詳細チェック

クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン
クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン

開封直後の「カラーライト ミッドブーツ ウィメン」です。

まずチェックしたいのは何と言ってもカラーライト素材の雰囲気。

クロックス展示会などで何度も手にしてきたカラーライト素材なのですが、実際に履いてみるのは今回が初めてとなります。

改め間近でマジマジとカラーライト素材を見て思ったことは「本物の革よりある意味、革らしい!?」

まるで手入れが行き届いた革のような少しマットな押さえ気味の質感は秋冬コーデにぴったりフィットしてくれそうです。

クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン
クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン

ここからは外へ移動。

曇り空の下、再び「カラーライト ミッドブーツ ウィメン」の見た目をチェックしてみました。

外で見るとますます上質な革ライクに見えてきました。

クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン
クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン

横から見るとステッチが程よいアクセントになっていてお洒落です。

クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン
クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン

ステッチを至近距離でチェック。

「crocs」タグも同系色で揃っているところが可愛い。

クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン
クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン

後ろ姿です。

すっと縦に伸びたデザインは足細に魅せてくれそう。

クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン
クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン

かかと部分には指を通すことができる輪っかがついていました。

ふくらはぎ部分を締め付けるデザインではありませんが、輪っかが付いていることでブーツ着脱がスムーズです。

クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン
クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン

冬になると足が冷えきってしまう私にとって、もこもこライナーは見ているだけで頼りがいがあります。

ちなみにフットベッドは着脱可能なのでシーズンオフになったら洗濯してから収納したいと思います。

クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン
クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン

アウトソールをチェックします。

「クロスライト」素材を使っているアウトソールは軽い履き心地&快適なクッション性が魅力。

溝がしっかりついていることから雨・雪の日も安心して履くことができます。

初代の頃のクロックスブーツと比較

クロックスブーツ比較( カラーライト ミッドブーツ ウィメン/約10年前に買ったブーツ)
クロックスブーツ比較( カラーライト ミッドブーツ ウィメン/約10年前に買ったブーツ)

自宅にあった私が初めて買ったクロックスブーツ(写真:右、白)と並べてみました。

クロックスが日本上陸して間もなくの頃に買ったと記憶。

サイズ展開が「S,M,L」だったことから歴史を感じます(笑)。

それ以上に私自身びっくりすることは雪の日や大雨の日に今も大活躍している現役であるということ。

レインブーツ専用であるため使う回数は限られているとはいえ、経年劣化を感じないところに脱帽。

クロックス(クロスライト素材)は長く安心して使える靴であることを再確認しました。

クロックスブーツ比較( カラーライト ミッドブーツ ウィメン/約10年前に買ったブーツ)
クロックスブーツ比較( カラーライト ミッドブーツ ウィメン/約10年前に買ったブーツ)

大雪の日のために(また記念として)白いブーツは捨てずに取っておこうと思いますが、今冬メインとなるブーツは写真左「カラーライト ミッドブーツ ウィメン」となりまそうです。

「クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン」を履いてみた感想

クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン
クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン

早速、細身ジーンズの上から「カラーライト ミッドブーツ ウィメン」を履いてみた様子です。

クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン
クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン

足のサイズ=23.5cm
普段履いているクロックスサイズW7またはW8

サンダルのように素足で履く場合はW7、ブーツのように下に靴下を履く場合はW8を選ぶことが多いです。

モコモコ&ゆったりは癖になる履き心地♪

クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン
クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン

モコモコ・ライニングにゆったりした履き心地が気に入ってちょっと寒いなと思う日は漏れ無く「クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン」を履くようになりました。

私の場合、ブーツを履くとパンパンになることが多い”ふくらはぎ”も「クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン」の場合、ジーンズを履いた上からでも余裕を持って履くことができました。

やっぱり雨の日に強い味方

1-P1510465

ここ数日、雨の日も多かったので好機到来!クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメンを履いて街歩きを楽しみました。

(晴れていても履いているのですけどね、笑。)

いや~やっぱり雨の日にクロックスは強い。

ブーツは尚のこと強い。

ブーツ、長靴の類は長時間歩くように作られた靴ではないと思いつつ、クロックスの場合、ついつい歩いてしまう私。

健康のためウォーキングをすることが多いのですが「クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン」のおかげで雨の日もアクティブに動けるようになりました。


記事で紹介した【クロックス公式】クロックス カラーライト ミッドブーツ ウィメン – Crocs Colorlite Mid Boot Wはクロックス公式オンラインストアで販売中です。