女性の為に作られたスリムボディのクロックス・クロッグが想像以上に使える。

freesail(フリーセイル)-クロックス2015
freesail(フリーセイル)-クロックス2015

「軽くて快適な履き心は魅力的だけどクロッグサンダルの大きなカタチがどうも・・」と二の足を踏んでいた女性に朗報!

クロックスより、今までにありそうでなかった女性の足に合わせて作られたスリムボディのクロッグが登場しています。

写真、ボア付きタイプの他、ボアなしシンプルなクロッグも合わせて販売。社内履きから自宅用まで、使い道はたくさん広がりそうです。


スポンサードリンク

「freesail(フリーセイル)」とは?

ベーシックタイプ

freesail(フリーセイル)-クロックス2015
freesail(フリーセイル)-クロックス2015

「freesail(フリーセイル)」とはクロックスならでは快適な履き心地そのまま、女性向けに作られたクロッグです。

写真は「crocs freesail clog w(クロックス フリーセイル クロッグ ウィメン)」。

見た目、第一の特徴は何と言ってもスラっとスリムになったボディ。

クロッグらしさを残しつつも女性らしいカジュアル感は大人可愛い雰囲気です。

freesail(フリーセイル)-クロックス2015
freesail(フリーセイル)-クロックス2015

もうひとつ、見た目、大きな特徴として”スライドするバッグ・ベルト”がなくなったことでミュールライクに見えること。

そもそも着脱しやすさに定評あるクロックスのクロッグですが、バッグ・ベルトがなくなったことで着脱が更に楽ちんになりました。

税込み価格3000円ちょっと(※記事執筆時価格です)と手頃なお値段も嬉しい。

ちょっと底まで買物など気軽に履いていくことはもちろん、スリッパの代わりに室内履きやベランダ履きとしても重宝しようです♪

freesail(フリーセイル)-クロックス2015
freesail(フリーセイル)-クロックス2015

スリムになってもクロックスの履きやすさは健全。

靴底からアッパーまでクッション性が高いクロスライト素材で作られています。

ライニング付きフリーセイル

freesail(フリーセイル)-クロックス2015
freesail(フリーセイル)-クロックス2015

寒くなる季節に嬉しいふわふわなライニングが嬉しい「crocs freesail lined clog w(クロックス フリーセイル ラインド クロッグ ウィメン)」です。

freesail(フリーセイル)-クロックス2015
freesail(フリーセイル)-クロックス2015

前出「クロックス フリーセイル クロッグ ウィメン」と違う点としてサイドの孔が閉じられていることでちょっとした雨や雪の日でも足元濡れずに履くことが出来そうです♪

freesail(フリーセイル)-クロックス2015
freesail(フリーセイル)-クロックス2015

カラーによって内部に施されたライニングのカラーも違っていて何気に可愛いです。

フリーセイルを履いてみた様子

freesail(フリーセイル)-クロックス2015
freesail(フリーセイル)-クロックス2015

クロックス女性スタッフさんに「クロックス フリーセイル クロッグ ウィメン」を履いて貰った様子です。

個人的に特に気に入ったスタイルがフリーセイルを履いた後ろ姿。

まるで足と一体化したように見えるクロッグはこれまでの「ボテ」っとしたイメージとは全く別物、新しいスタイルです。

freesail(フリーセイル)-クロックス2015
freesail(フリーセイル)-クロックス2015

こちらはライニング付きのフリーセイルを履いてみた様子。

クロッグに縁取られたライニングがデザインのひとつとなって可愛らしさを演出しています。

freesail(フリーセイル)-クロックス2015
freesail(フリーセイル)-クロックス2015

ライニング付きフリーセイル(写真:ピンク)、ライニングなしフリーセイル(写真:ブラウン)を左右の足にそれぞれ履いて並べて較べてみました。

同じサイズなのですけどね・・・膨張色、更にライニング付きということもあってライニング付きフリーセイルの方が1サイズ程度大きく見えます。

freesail(フリーセイル)-クロックス2015
freesail(フリーセイル)-クロックス2015

バッグスタイルから見るとやっぱり同じサイズ・・ということが分かります。

freesail(フリーセイル)-クロックス2015
写真左:freesail(フリーセイル) 写真右:blitzen 2.0 animal print clog

こちらはライニング付きフリーセイル(写真左、濃いピンク)と一般的なクロッグ(写真右、薄いピンク)を左右の足に履いて較べて見た様子です。

アニマル模様が愛らしい写真右:ブリッツェンも個人的に大あり!なのですけどね・・・フリーセイル(写真左)トゥの部分を中心に一回りスリムになっていることが良く分かります。

freesail(フリーセイル)-クロックス2015
freesail(フリーセイル) -クロックス2015

横から見た様子を比較。

左右クロッグ間に距離があるため遠近法でどうしても手前クロッグが大きく見えてしまうとは言え、写真奥側フリーセイルタイプのクロッグの場合、いわゆる「ボテ」としたイメージがないことが分かります。

freesail(フリーセイル)-クロックス2015
freesail(フリーセイル)-クロックス2015

後ろ姿も比較してみると大きさの違いは更に歴然。

スリムにクロッグを履きたい時はフリーセイル、ボテッとした可愛らしさを楽しみたいときはブリッツェン、ファッションや気分に合わせて変えてみるのも楽しそうです。


女性のために作られたクロッグ「フリーセイル」詳細はクロックス公式オンラインストアにて確認できます。▶️ freesail(フリーセイル)
icon