夏メンズ定番アイテムを大人っぽくコーデするポイント

2015年7月1日(水曜日)日テレヒルナンデス!ではアメリカンイーグル他ブランドショップを舞台につるの剛士さん他出演者によるメンズコーデ対決を放送。

夏の定番アイテムである「白ロングパンツ」「ウインドウペンチェックシャツ」「膝上3cm短パン」を使って、大人らしくコーデするポイントを紹介していました。

ちょっとしたことでなるほど納得、差がつくスタイルにキマります。


スポンサードリンク

1.白いパンツを大人っぽく穿くポイント

POINT:腰に長袖シャツをさり気なく巻いて気になるお腹をカバーしよう。

白いパンツを穿く上で注意したいことは例えばTシャツをインしてお腹が目立ってしまうこと。

お腹が目立つことを避けるために襟付きシャツを上から羽織る方法は定番ですが、当たり前過ぎて大人コーデとしては失格。

お腹をさり気なく隠したい、しかしワンパターンな方法を避けた大人コーデには腰部分にアクセントにもなるシャツをさり気なく巻くこと。

2-2015-07-01

写真左:ゆったり目のシャツをアウターとして着ることで気になるお腹を隠すパターン。定番ではるもワンパターンは拭えません。

写真中、右:ワンポイントとなるシャツを腰に巻くことでお洒落&気になるお腹をさり気なく隠すことができています。

POINT:Tシャツに胸ポケットがあると下着風に見えない。

腰に巻いた長袖シャツを外してTシャツ1枚になることも考えて、トップスに着るTシャツにも一工夫が必要です。

如何にも下着に見えないためには胸ポケット付きを選ぶなど、ワンポイントあると良いそうです。

PLSTオンラインストア販売メンズ「カモポケットブロック半袖Tシャツ 」です。※画像クリックで販売ページに遷移します。

胸ポケットが付いていることで下着風に見えないことはもちろん、トレンドであるカモフラージュ柄を用いることで1枚だけで非常にお洒落です。

POINT:足元は素足にスリッポンで涼しげに。

最後に足元は今年トレンドのスリッポンを履くことで、大人の男性らしい白パンツスタイルに仕上がります。

POINT:アクセントにストローハットは手に持つ。

icon

画像:アメリカンイーグルicon販売ストローハット(画像クリックで販売ページに遷移します。)

頭にかぶらずに手に持つことがポイントとのこと。

女性の場合、夏を演出する小物として「籠(かご)バッグ」があるけれど、男性の場合、「籠」を持つ訳にはいかないですからね(笑)、ストローハットを手に持つ事で代用するという考えです。

POINT:長パンツは細めにロールアップ

4-P1390856

ヒルナンデス!つるの剛&小沢一敬ペアが長パンツを太めにロールアップで駄目だしされていました(笑)。

ロールアップする時は細めがトレンドです。

写真はワイドパンツなのでそもそもロールアップすることに難がありますが、ちょっと差がつくコーデ目指して、足元を出したい時は細めにロールアップしてみてくださいね♪

2.ウインドウペンチェックのシャツルを大人っぽく着こなす

ウインドウペンチェックとは?

ウインドウペンチェックは、窓枠の格子が並んだ様なチェック模様のことを指す。大きさはさまざまで、ヨコ縞タテ縞が1色使いで同じ幅のラインが交差する柄が主である。英国カントリー調の伝統柄でもある。

(以上、シャツの百科事典@YAMAKIより抜粋)

POINT:高級感ある素材パンツを合わせる。

英国トラディショナルな雰囲気漂う「ウインドウペン」柄にはリネン(麻混素材)など高級感あるボトムスを合わせるとベストマッチとのこと。


画像はレナウンオンラインストアにて販売中【インターメッツォ】リネン混サマーデニム。※画像クリックで販売ページに遷移します。

素材に麻が加わることで上質な印象になります。

POINT:アクセントにサマーカーディガン&エスパドリーユ

胸元にワンポイント、アクセントを持たせたい時にショールを巻くことは当たり前。

大人コーデにはもう少しひねりを加えて、サマーカーディガンをショール代わりに巻くことで崩しながらも落ち着いた雰囲気に仕上がります。

更にヒルナンデス!お手本コーデでは、足元、靴に「エスパドリーユ」のカラー赤を合わせていました。

画像:インポートアイテムを多数扱っている「YOOX.COM(ユークス)」で販売中の赤のエスパドリーユです。※画像クリックで販売ページに遷移します。

キャンパス地のアッパーにジュート麻の靴底、スリッポンよりも更にカジュアルな「エスパドリーユ」は夏らしさを演出してくれます。

勇気が必要なカラーである「赤」も足元に効かせる程度であれば取り入れやすいですね!

POINT:ワントーンコーデで落ち着いた大人の雰囲気を演出

更にシャツ、パンツ、アクセントになるサマーカーディガンは同色系で統一したワントーンコーデにすることで大人っぽい落ち着いた雰囲気になります。

3-P1390848

写真はウインドウペンチェックではありませんが、ストライプ柄も伝統的な柄という意味では同じ。

自宅にあったシャツ&リネンボトムスで合わせてコーデしてみました。

3.ショートパンツを大人っぽく穿くポイント

目で見て涼しく、また実際に穿いて涼しいメンズ定番「膝上3cmショートパンツ」ですが、どのように合わせれば大人らしいコーデになるのか?

ポイントは「膝(ひざ)を出したら「肘(ひじ)」隠せ」とのこと。

「短パン」に「ロゴTシャツ」を合わせていたヒルナンデス!つるの剛&小沢一敬ペアが駄目だしされていました。

何にでも合わせやすい「ロゴT」ですが、「膝(ひざ)」を出して更に「肘(ひじ)」を出すスタイルの場合、いわゆる半袖、半ズボン、子どもっぽい印象になってしまうそうです。

その上「虫網でも持とうものなら完全に小学生」とも。大人らしくキメるには、安直な合わせ方は捨てた方が良さそうです(笑)。

1-2015-07-002

写真:自宅にある服にてコーデパターンを試行錯誤してみました。

短パンには長めの丈のトップスを合わせることで落ち着いた雰囲気になることを確認。

「長袖」を折り返しすことで涼感を演出することも出来ますが、オススメは今年トレンドなっているのは七分袖。

自然に「肘(ひじ)」が隠れ大人らしい涼感スタイルとなります。

まとめ

腰にシャツを巻いたり、短パンに七分袖を合わせたり、ちょっと差が付く大人コーデは男性のみならず女性にも当て嵌まる法則だと思いました。

実際メンズファッション雑誌の世界では当然のようにスタイリングされているとのこと、今度、メンズ雑誌を見る時は意識してみたいと思いました。

今まさに夏セールが始まったばかり。計画的に定番アイテムに揃えましょう!!