お洒落プラス1アイテムを「ラ ブティック ドゥ ラ メゾン」で見つけた♪

ラ ブティック ドゥ ラ メゾン 恵比寿
ブロガーイベントにて憧れ「ラ ブティック ドゥ ラ メゾン」を訪問♪

今あるファッションにプラス1。「ラ ブティック ドゥ ラ メゾン」ならでは、ちょっと目を惹く魅力的なアイテムをひとつ取り入れるだけどグッと良い女度数がアップしそうです。(笑)


写真:東京恵比寿JRアトレ5Fにある「ラ ブティック ドゥ ラ メゾン」店舗エントランスの様子。Francfranc(フランフラン)一角にある小さな店舗ながら、まるでパリの一角に迷い込んだような素敵な空間でした。


スポンサードリンク

ブレス&時計

ラ ブティック ドゥ ラ メゾン LA MER
プラス1アイテムの筆頭に浮かぶアクセサリーといえばネックレスだけど、大人の女はブレス&時計に気を遣います(笑)。

アクセサリーというとまず存在感あるネックレス。

ネックレスに予算と気持ちがいっぱいでブレス&時計までなかなか気が回らない(私です・・^^;)ところ、時計を含む、ブレスまで気を使っている女性を見るとつくづくオシャレだなぁと思うのです。

私が多く目にするのはファッション関連ブディックで働く女性など。細い腕にさり気なく巻かれたブレス総額10万円!!と聞くと”さすが”尊敬しきりです。

写真:「ラ ブティック ドゥ ラ メゾン」恵比寿店で見つけた時計&ブレス「LA MER」シリーズ他。個人的に注目は秋冬に存在感あるレザー系ブレス。女性の持つやさしさと相反してハードなイメージを持つレザーは究極な甘辛ファッションですネ。

ラ ブティック ドゥ ラ メゾン LA MER
▲レザー系ブレスと合わせて使いたいのがやっぱりヒカリ物(笑)。輝き感あるストーンやゴールド系ブレスがやっぱり秋冬にはぴったりです。
ラ ブティック ドゥ ラ メゾン オーチャードジェム ユニオンジェム
▲「オーチャードジェム ユニオンジェム」の時計です。

久しぶりに心時めく時計に出合いました(喜)。

カラーがはっきりしているので目立ちにくい手首でも存在感はバッチリ。ブラック、ブラウン、グレーなど暗くなりがちなファッションにプラス1することで差し色効果バツグンです。

バッグ&ポーチ類

ラ ブティック ドゥ ラ メゾン ビーズ台形ポーチ
バッグ、ポーチもオシャレを演出してくれる大切な要素のひとつ。

以前に美輪さん曰く「若さという輝きがなくなった年代になって初めて身に付ける”光モノ”は映えるもの。」「なるほど光モノは年齢を経るほど必要なのね・・」とやけに納得したことを思い出しました(笑)。

今流行のグレーも、無難カラー定番のブラック、ブラウンも一歩間違えれば単なる老けファッション。落ち着いたカラーに陥りやすい大人ファッションにこそ、輝くアイテムをプラス1したいものですね。

写真は「ビーズ台形ポーチ」で価格は嬉しい3000円以下!!

高いお値段で高いアクセサリーを買うことだけではないのですよね。手にさり気なく持つことが多いポーチひとつで個性的な輝きをこれだけ演出できることに眼から鱗。

ラ ブティック ドゥ ラ メゾン ラフィーツイード

▲意外に人の目に触れることが多い小物いれも大人女性なら気を遣いたい部分です。

ラ ブティック ドゥ ラ メゾン ラフィーツイードコインケース
▲ラフィーツイードコインケースです。中央に入った「ラ ブティック ドゥ ラ メゾン」ロゴがアクセント。ツィードならでは落ち着いた感がたまりません。

ラ ブティック ドゥ ラ メゾン 08-P1270653

▲「ラ ブティック ドゥ ラ メゾン」の魅力はオシャレだけじゃなく機能性がもバッチリあること♪無くさないようにリングもついていました。
ラ ブティック ドゥ ラ メゾン ラフィーツイードクラッチ
▲フィーツイードクラッチです。

セカンドバッグとして活用したい大きめバッグも販売していました。暖かみあるツイードとレザーの持つハードな質感が相まってオシャレなデザインです。

まとめ

これまでファッションにプラス1するアイテム=アクセサリーショップと考えていたけど灯台下暗し?!「ラ ブティック ドゥ ラ メゾン」のようなお洒落な雑貨屋さんこそ本当に欲しいものは眠っているのだと思いました(笑)。

間もなくクリスマスシーズン。

いい大人なるともちょっとしたモノでは感動しなくなるものだけど「ラ ブティック ドゥ ラ メゾン」であれば女性受け間違いなし(笑)今冬からはプレゼントに悩むことがなくなりそうです。