クロックス「ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン」感想

クロックス「ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン」

「30代でヒールは卒業しました(--)。」なんて開き直っていた私が再び「ヒール」に帰り咲いたのは忘れもしない昨夏、crocsのヒールと出合ったことが始まりでした。

長く履いても疲れない、履きやすいヒールといえばクロックス!写真、CROCS(クロックス)の人気サンダル「huarache sandal wedge w(ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン)」をモニターせて頂くことになりました♪

CROCS:クロックス「huarache sandal wedge w(ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン)」の魅力

  • 約7.6cmヒールがあるのでどんな服にも合わせやすい。
  • キシコの手編みサンダル”ワラチェ”にインスパイアされたデザインが可愛い♪
  • 透明感あるTPU素材採用で重くならない。
  • フットベッドに「クロスライト」素材採用なので疲れにくい。

 

3Eサイズの靴を履くとホッと一安心!典型的な日本人足(?)幅広足な私にとってヒールを履いて数時間も歩けば足指がビンビンと痛くなって「今直ぐにでも靴を脱ぎたい!」と思うことシバシバ(--)。”履くほどに足にフィット”するという意味で天然皮革製品の靴を除けば、クロックスTPU素材の他、出合ったことがありませんでした。

皮革と違うことは履いた初日から当たりが柔らかいこと。革靴の場合、足に馴染む以前にしばしば履くことを断念していた私には嬉しい違いです。

甲の部分が段階的に調整出来ることも安心。真冬以外の3シーズンはクロックス「huarache sandal wedge w(ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン)」の活躍シーンが多くなりそうです。

「ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン」詳細チェック

クロックス「ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン」
▲「ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン」を前方から見た様子をチェック。

「black / black(ブラック)」=”黒”にも関わらず重くなのが良いです。TPU素材ならでは透明感ある黒は大人が履く夏の靴にぴったりと自画自賛しています^^

クロックス「ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン」
▲「ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン」を横から見た様子をチェック。

こうして見ると「7.6cmのヒールって高いよなぁ」と心配になるのだけど(笑)、履いた初日から違和感&痛みなく快適に履くことができました。

クロックス「ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン」
▲「ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン」を後ろ側から見た様子です。
クロックス「ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン」
▲裏側もチェック。

溝がしっかりついているのでちょっとした雨の日でも滑りにくく安心。雨のち晴れることが多い夏は、素足にクロックス「ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン」の組合せが案外便利です。オススメ。
クロックス「ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン」
▲足の指が痛くならない理由に柔らかな素材を採用しているから。

1本ではなく何本もの紐(ストラップ)が足を覆う形になるため、負荷分散。長く快適に履くことができます。
クロックス「ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン」
▲人によって高さが異なる甲部分だけど、足首ストラップが調整可能になっているので安心です。
クロックス「ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン」
▲足首ストラップを最小まで縮めた様子。
クロックス「ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン」
▲足首ストラップを最大まで広げた様子。
クロックス「ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン」
▲足首ストラップを左足:最小、右足:最大にした様子を左右の足で確認。こうしてみると随分幅広く調整ができることがわかります。

クロックス「ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン」
▲ヒールがあるのに長く履ける理由。足裏に当たる柔らかな部分はやわらかな「クロスベッド」が採用されています。

ミニウェッジとヒールの高さを比較

クロックス「ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン」
▲手前カラフルな「ワラチェ」は昨年から履いているタイプとなる「huarache mini wedge w(ワラチェ ミニ ウェッジ ウィメン)」。黒のカラーとは対照的なカラーなのだけど(笑)注目は何と言ってもヒールの違いかな。
クロックス「ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン」
▲「ワラチェ ミニ ウェッジ ウィメン」のヒールの高さも4.5cmあるので、そこそこ程度満足していたのだけど「いやぁ~やっぱりヒールは高くて履きやすいに限るなぁ」なんて、今夏、黒:ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメンを履いて欲張りになりました^^。


「ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン」を実際に履いてみた感想

クロックス「ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン」
▲メキシコ編みサンダルにインスパイアされたデザインが可愛い♪足幅な私の足もしっかりホールド、小足に魅せてくれます。
クロックス「ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン」
▲洋服=黒+サンダル=黒の組み合わせでも重くなり過ぎず大人シックに決まるでしょ?!

サイズについて

2E~3E程度の幅広、甲の高さは痩せたいせいかな?!普通です。

クロックスの場合、ブーツなど足全体を覆うタイプであればw8(24cm)、サンダルの場合27(23cm)で丁度良いです。今回履いた「ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン」もw7(23cm)なのだけど、ジャストサイズで気に入りました。

合わせてCHECK!


ヒールは高ければ高いほど良いと思っている人にオススメ!9cmヒールが魅力の「cyprus 4.0 heel w(サイプラス 4.0 ヒール ウィメン)」です。私自身、サイプラスを昨夏愛用していたのだけど脚長効果絶大!

今夏2014年は写真新しいデザインも登場してますます魅力的になりました。


ヒール高さ9cm!サイプラス 4.0 ヒール ウィメン → 【クロックス公式】 サイプラス 4.0 スネーク パターン ヒール ウィメン – crocs Cyprus 4.0 Snake Pattern Heel W (送料無料)

リンクシェア レビュー・アフィリエイト