約8cmヒールも登場!2014最新クロックス「ワラチェ」比較

クロックスワラチェ0952

メキシコ手編みサンダルをモチーフとしたデザインに、透明感溢れるカラーはまさに春夏に相応しい「ワラチェ」。2014年ワラチェ最新モデルには約8cmヒールが登場!!とファッションの幅がますます広がってきました。


クロックス公式オンラインショップではワラチェはじめ魅力的な新作が多数勢揃いしていました♪ → 新作コレクション


スポンサードリンク

新しくなったワラチェの魅力:ヒールがあっても履きやすい。

クロックスワラチェ0951
▲クロックスワラチェサンダル「huarache sandal wedge w(ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン)を上から見た様子。

個人的に第一印象としてパっと目を挽いたカラーが写真カラーIsland Green / Mushroom」でした。

インソールに採用されたクロスライトは柔らかく長く履いていても疲れないのが魅力。メキシコ手編みサンダルにインスパイアされデザインされたアッパーTPU素材は透明感あってクールな印象です。

クロックスワラチェ0953
▲最新モデルとなるクロックスワラチェシリーズの中で、私が最も注目&一目惚れしたモデルが約8cmのヒールがあるタイプです。

ヒール履いてきました30年余。これまでありとあらゆるヒールを履いてきたけど、足横幅3Eの私にとってヒールを履くことは纏足※ならぬ、拷問の他なりませんでした(苦笑)。

そんな私が出したヒールを履くための結論は「上質の本革靴以外のヒール以外は履かない」だったのだけど、クロックスに出合って、気持ちが変わりました。

クロックスワラチェ0964
▲約8cmヒールとなる「huarache sandal wedge w(ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン)」カラーMulti / Geraniumを横から見た様子。

これだけの高さがあって一日履いていることが出来るのヒールは、若い時分に清見の舞台より飛び降りる気持ちで買ったイタリア製本革靴の他は、クロックスだけです(笑)。

※古く中国にて纏足(てんそく)足を強制的に小さくするため用いられた道具。「足は小さい方が良い」とされた時代に生まれなくて良かったです(^^;

クロックスワラチェ0955

▲柔らかなTPU素材は、履く内に足に馴染んできます。これまで革素材以外で足に馴染むということは無い、と思っていた私には、目から鱗の体験でした。クロックスワラチェ0959

▲同じサンダルタイプでもカカトを固定できると安定感がグッと増してきます。甲の高さに応じて調整ができるようになっています。
クロックスワラチェ0958
▲甲を固定するストラップを横から見た様子。甲の高さに応じて調整出来る幅は全部で5つもあるので安心です。クロックスワラチェ0960

▲ウェッジソールタイプなので安定感があります。私自身、現在クロックス8cmヒールを履いていますが、ヒールと言ってもこれだけ地面との着地面積があると疲れ方がまったく違ってきます。クロックスワラチェ0961

▲インソールにはクロスライト採用で足裏に対するフィット感はやさしく、疲れづらくなっています。

新しくなったワラチェ、ヒール高さを比較

クロックスワラチェ0980

▲クロックス「ワラチェ」シリーズを並べて高さを比較してみました。

  1. huarache sandal wedge w(ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン)カラー:Multi / Geranium
  2. huarache mini wedge w(ワラチェ ミニ ウェッジ ウィメン)カラー:Fuchsia / Grapefruit
  3. huarache flat w(ワラチェ フラット ウィメン)カラー:Fuchsia / Grapefruit
  4. huarache flip-flop w(ワラチェ フリップフロップ ウィメン)カラー:Multi / Geranium

1:ヒールは約8cm:もっと高いヒールのワラチェが欲しいのリクエストに応えて新登場しました。

2:ヒールは約4.5cm:丁度良いヒールの高さとして人気。3、4はフラットでカカトがあるタイプ、ないタイプです。

 

新しくなったワラチェのカラーを比較

クロックスワラチェ0981
▲前出ヒールを比較した4つのワラチェを上から見た様子です。

写真左から1番め、4番めは共にMulti / Geranium。真ん中の2つは共にFuchsia / Grapefruitカラーです。

同じカラーであってもデザインによってインソールのカラーが違うことにはじめて気が付きました。

網目模様の背景となるインソールのカラーが違うだけで、これだけ印象が変わることに組み合わせの妙を実感^^。

クロックスワラチェ0963

▲約8cmヒールタイプである「huarache sandal wedge w(ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン)」をカラー別に比較。

買うなら約8cmヒールタイプのワラチェと決めています。同じデザインなのにカラーが違うだけで雰囲気もガラッと変わるので悩みます(^^;

オフィスにイチオシワラチェはBlack/Black

クロックスワラチェ0967
▲一見するとカラフルで華やかな他のワラチェに比べると地味に見えるけど、新作ワラチェの中で人気のカラーはBlack/Black(黒)なのだとか。

人気のBlack/Blackは、ワラチェでカカトのあるモデル3タイプである「huarache sandal wedge w(ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン):ヒール約8cm」、「huarache mini wedge w(ワラチェ ミニ ウェッジ ウィメン):ヒール約4.5cm」、「huarache flat w(ワラチェ フラット ウィメン):フラットヒール」に採用されているので、好みのヒール高さに合わせてチョイスできますね。

クロックスワラチェ0966
▲黒なのに重たすぎる印象がない理由は半透明なTPU素材ならではですね!!カカトがあるタイプなのでオフィスはもちろん、ちょっとしたパーテイシーンにも活躍してくれそうです。

Black/Blackカラーでも私にとってやっぱり魅力は約8cmヒールがある写真「huarache sandal wedge w(ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン)」です。

クロックスワラチェ0968
▲黒(Black)のみで構成されています。
クロックスワラチェ0969
▲アウトソールも黒(Black)でした。

カラー別に、実際にクロックスワラチェを履いてみた様子を比較

クロックスワラチェ0970
▲クロックス2014年春夏商品展示会にて。約8cmヒールタイプワラチェ「huarache sandal wedge w(ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン)」を履いてみた様子です。爽やかなブルーグリーン系は透明感と相まって、春夏にぴったり!!
クロックスワラチェ0972
▲後ろから見た「huarache sandal wedge w(ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン)」を履いてみた様子です。
クロックス2014-ワラチェ
▲人気のBlack/Black(黒)のhuarache sandal wedge w(ワラチェ サンダル ウェッジ ウィメン)を履いてみました。素足を全部出しても良いし、靴下を合わせて履いてもお洒落です。


記事で紹介したワラチェシリーズ詳しくはクロックス公式オンラインショップにて販売中です。 → トランスルーセントコレクション