食べこぼしもキレイに落ちる!?”撥水・撥油”加工パンツで検証してみた。

撥水・撥油加工を施した生地で作った服なら”うっかり食べこぼし”で大切な服を汚してしまう心配はどの程度軽減されるのか・・・ベルメゾン商品展示会にて検証した様子をレポしています。


【ベルメゾンネット】では撥水・撥油の加工が施された素材アイテムを”雨の日こそはきたくなる・・”とネーミング、販売中です。


スポンサードリンク

撥水性をチェック

撥水機能のチェック

ベルメゾン商品展示会にて撥水加工の施された服に霧吹きで水を掛けている様子です。

拡大しないと分かりづらいかもですが撥水加工された身生地がしっかり霧吹きの水をはじいている様子が見て取れます。

※画像クリックで写真を拡大表示することが出来ます。

レインコートではないため完全防水でないもちょっとした雨降り、それ以上に内側からの汗シミ対策に使えそうです。

撥水性&撥油性をチェック

撥水撥油機能をチェック

ベルメゾン展示会にて。

「雨の日こそはきたくなるセンタープレス撥水撥油スリムパンツ」しかも「白色」の身生地にソースを垂らした場合、応急措置として拭き取りだけでどの程度、汚れが落ちるか検証してみました。

「撥水撥油」加工あり・なしで汚れの落ち方を比較
  • 写真左:撥水・撥油加工あり
  • 写真右:撥水・撥油加工なし

何れも同じようにソースを垂らしたのち、乾いた布で拭き取った後の様子です。

写真右、撥水・撥油加工なしの生地の場合、すぐに拭き取ったもしっかりソースの色が残ってしましました。

写真左、撥水・撥油加工ありの生地の場合、ほぼキレイに落とすことが出来ました。

目を凝らしてみると撥水・撥油加工が施された生地でも僅かに色味が残ってしまっているのですが応急処置としては十二分な落ち具合。

帰宅後、本格的にシミ取りするまでの応急処置としては十二分な落ち具合、シミを付けた状態で外出先を歩かなければいけない心配から解放されそうです。

ベルメゾン”雨の日こそはきたくなる‥”服とは?

”雨の日こそはきたくなる”服とは、ベルメゾンより販売中の撥水・撥油を施した生地による服です。

撥水加工によって濡れてもシワになりにくいことから突然の雨降り、梅雨対策として人気ですが個人的に注目している点は撥水に加えて撥油加工がついていること。

うっかり食べこぼしても安心できる服は外食が多い人間(私)にとって強い味方となってくれそうです♪

センタープレスパンツ


雨の日こそはきたくなるセンタープレス撥水撥油スリムパンツ(ベルメゾン販売)です。※画像クリックで販売ページに遷移します。

綿混生地に「撥水・撥油」加工。

キチンと感あるセンタープレスで通勤、ビジネスシーンにも最適です。

個人的にはきたいカラーは何といっても白。

コーデに加えるだけで抜け感を出すことが出来る魔法のカラー”白ですが何といっても汚れが目立つことが難点でした。

「知らず汚れがついていたら大変!」とばかり帰宅後に総点検していた私にとって、撥水・撥油加工付き素材の登場で白色はじめ淡いカラーのパンツを安心してはくことができるようになりました。

クロップドパンツ


雨の日こそはきたくなる撥水撥油ワイドクロップドパンツ(ベルメゾン販売)です。※画像クリックで販売ページに遷移します。

綿混生地に「撥水・撥油」加工。

トレンド続くワイドシルエットのパンツからも「撥水・撥油」加工された素材のパンツが登場しています。

前出センタープレスと合わせて持つことでコーデ幅がグッと広がります。

セットアップで着られるブラウス


汗染みしにくい セットアップで着られるブラウス(ベルメゾン販売)です。※画像クリックで販売ページに遷移します。

綿100%生地に「撥水」加工。

前出「撥水性をチェック」にて霧吹きで水をかけた検証をしたのはこの服です。

個人的に注目していることは雨降り対策以上にわき汗対策。

夏になると私しかり汗取りインナーを着る人も多くなりましたが撥水機能付きトップスを合わせることでトップス、インナー両面から汗シミ対策することが出来ます。

記事で紹介した「撥水・撥油」加工付きのアイテムを購入するには?

ベルメゾンネットにて購入することができます。→撥水・撥油機能がついたアイテム(ベルメゾンネット)
icon